障がい児・者の「性」について考える研修を実施 9月27日(金)


障がい児・者の「性」について考える研修
社会福祉法人みぬま 太陽の家 総合施設長の松本 哲さんを講師にお招きし、職員を対象に障がい児・者の「性」について考える研修を、9月27日(金)に実施しました。

・社会において「性衝動」は、個々の「自制心」によって押さえられている為、他者との関係が健全に成り立っていること
・軽度の知的障がい児・者の場合は、「自制心」が働かない為、「性」の問題は重要であること
・「性交渉」の合意有無、「性衝動」のTPO、妊娠、出産、病気などの理解・習得の遅れや誤学習から、「性的虐待」の被害者にも加害者にも成りやすいこと
いくつかの事例を挙げて、解かりやすく問題点とその問題の収束への道のりをお話していただきました。

施設で障がい児・者を支援する立場にある職員は、障がい児・者の「性」に関する知識や心構えを教わりました。
×
Sponsored link


This advertisement is displayed when there is no update for a certain period of time.
It will return to non-display when content update is done.
Also, it will always be hidden when becoming a premium user.